ここから本文です

<佐野岳>地元・愛知でNHKドラマ撮影 実在の人物演じ「認めてもらえるよう頑張る」

8/20(火) 21:59配信

まんたんウェブ

 愛知県出身の俳優、佐野岳さんが8月19日、同県常滑市で開かれた、11月にNHK・BSプレミアムで放送される愛知発地域ドラマ「『黄色い煉瓦(れんが)』~フランク・ロイド・ライトを騙(だま)した男~」の会見に出席した。実在の人物で、主人公の煉瓦職人・久田吉之助と対立する帝国ホテルの社員・牧口銀司郎を演じる佐野さんは「牧口さんに認めてもらえるように頑張って撮影に臨みます」と意気込んだ。

【写真特集】佐野岳 ヒゲ×スーツでワイルドに! 会見の別カット 全身ショットも

 番組は大正時代のパートと現代のパートで構成される。今からおよそ100年前、旧帝国ホテルの設計にあたり、世界的建築家フランク・ロイド・ライトは、外壁を「黄色い煉瓦」で飾ることを求めた。当時、日本で黄色い煉瓦を焼くことができた職人は愛知・常滑の久田吉之助しかおらず、ホテル側は協力を依頼。しかし、ライトが訪れた時、久田の右腕は病気で失われていた。黄色い煉瓦の製造に関わった職人たちの実話に基づき、一人の女性ライター・佳野が、久田は本当に天才職人なのか、それとも詐欺師なのか真実を探るドキュメンタリックなストーリー。

 大正時代のパートはすべて常滑市内で撮影され、現代パートは常滑をはじめ名古屋、岐阜などで撮影している。自身と同世代の牧口について佐野さんは「25歳の若さで国の未来の一端を担う姿に圧倒された。自分の中の正義をしっかり持って社会と戦っているかっこいい男。自分が感銘を受けたところをしっかり描いて皆さんに牧口という人物を伝えたい」と話した。

 会見は体験型ミュージアム「INAXライブミュージアム」で行われ、久田吉之助を演じる主演の安田顕さん、ライターの佳野を演じて本格女優デビューを飾るフィギュアスケーターの村上佳菜子さん、有田焼の職人役の愛知県出身の平田満さん、フランク・ロイド・ライト役のダニエル・カールさん、演出の勅使河原亜紀夫さん、制作統括の三鬼一希さんも出席した。

 BSプレミアムで11月27日午後10時から放送。

最終更新:8/20(火) 21:59
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事