ここから本文です

【豪・コーフィールドC】5連勝中メールドグラースが出走を表明

8/20(火) 20:41配信

netkeiba.com

 4日の小倉記念(GIII・小倉芝2000m)を制したメールドグラース(牡4、栗東・清水久詞厩舎)は、10月19日にオーストラリアのコーフィールド競馬場で行われるコーフィールドC(G1・芝2400m)へ向かうことがわかった。所属するキャロットクラブが20日、ホームページで発表した。

【写真】メールドグラースこれまでの軌跡

 メールドグラースは父ルーラーシップ、母グレイシアブルー、その父サンデーサイレンスという血統。今年1月の1000万条件を制してから、重賞3勝を含む破竹の5連勝中。前走の小倉記念では、トップハンデ57.5kgを背負ったなか、直線鋭く追い込んだ。

 現在は滋賀県のノーザンファームしがらきで調整されており、今後は出国検疫に備えて、福島県のノーザンファーム天栄に移動する予定となっている。

最終更新:8/20(火) 20:41
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事