ここから本文です

「少しでも多くの笑いを」 ガリットチュウ福島、詐欺注意の“ポスターものまね”で活動再開 スリム内間は“光芸人”宣言

8/20(火) 12:20配信

ねとらぼ

 お笑いコンビ「ガリットチュウ」の福島善成さんが8月19日、謹慎処分が解除されたことを受けてInstagramを更新。一連の騒動を謝罪した上で、振り込め詐欺撲滅の啓発ポスターを模したような新たなものまね写真とともに活動再開を報告しています。

【画像】光芸人となったスリムクラブ内間さん

 反社会的勢カが絡んだパーティーに出席し、ギャラとして金銭を受領した「闇営業」問題で謹慎処分となっていた福島さん。処分解除となった同日、福島さんは関係者、ファン、詐欺被害者に謝罪し、「正直、今まで真剣に振り込み詐欺について考えたことがありませんでしたが、この件を機に世間の皆さまが振り込み詐欺に合わないように注意を呼びかけ1人でも被害に遭う方が減ってほしいと思います」と振り込め詐欺撲滅に尽力することを誓いました。

 投稿には、80年代風の女子高生になりきり、振り込め詐欺の注意喚起ポスターのイメージキャラクターになったようなパロディー写真を添えた福島さん。正式に活動再開も報告しており、「皆さまに少しでも多くの笑いを届けられるように精進していきます」とお笑い芸人として真摯な言葉も残しています。

 また同日には、福島さん以外の謹慎中だった芸人の処分も解除され、スリムクラブ、2700、くまだまさしさんの3組は新宿・ルミネtheよしもとで行われた公演で舞台復帰。スリムクラブの内間政成さんはInstagramで、「ファンの皆さま、関係者の皆さまのおかげで活動再開する事ができました。本当にありがとうございます。これからは、『光』で生きます」と光に包まれた自撮り写真をアップ。2700のツネさん、八十島さん、くまださん、ムーディー勝山さんらもSNSで謝罪の言葉とともに活動再開を報告しています。

ねとらぼ

最終更新:8/20(火) 12:20
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事