ここから本文です

HYDE、大好きなBring Me The Horizonと相見えた新木場の一夜

8/20(火) 14:07配信

音楽ナタリー

HYDEが昨日8月19日に東京・新木場STUDIO COASTで行われたBring Me The Horizonの来日公演「SUMMER SONIC EXTRA」にゲストアクトとして出演した。

【写真】HYDE(撮影:田中和子)(メディアギャラリー他6件)

以前からBring Me The Horizonのファンであることを公言してきたHYDEにとって、念願の初競演が実現したこの日。開演時刻を迎えると、カウントアップを織り交ぜたSEに乗せてバンドメンバーが次々とステージにスタンバイする。そして、顔半分を黒い仮面で覆ったHYDEが現れ、挨拶代わりの1曲として「FAKE DIVINE」をパフォーマンス。鋭い視線でフロアを見つめ、艶かしいボーカルで観客を魅了した。

「AFTER LIGHT」でダークなサウンドを描き出したのち、HYDEは「僕、Bring Me The Horizonが大好きなんです。たくさん日本に来てもらえるようお願いするんで、あと4曲聴いてもらっていいですか?」「コイツ、つまんねえなと思ったら無視してくれていいです。コイツいいかもと思ったら、返してもらっていいですか?」とBring Me The Horizonファンに向かって呼びかける。そこから始まった「MAD QUALIA」でHYDEは仮面を剥ぎ取り絶唱し、さらにフロアに飛び込み、観客に支えられながら激しく歌い上げた。徐々に熱気を帯びるオーディエンスの反応にHYDEは「すごい歓迎してもらってうれしい! 予行練習と思ってもらってかまいません!」とまくし立て、テンションを下げることなく鬼気迫るステージングを展開。「ANOTHER MOMENT」で観客にシンガロングを求めるとすぐさま大合唱が起き、HYDEは「Bring Me The Horizonのファンはすごいね……」と思わず漏らした。アウェーかと思われた環境をすっかり味方につけたところで、HYDEは再びフロアに飛び込み「SICK」を披露。最後は拡声器を手にオーディエンスを煽動し、「Thank you so much!」という言葉をもってBring Me The Horizonにバトンを渡した。

怒号のような歓声が上がる中、続いてメインアクトのBring Me The Horizonのライブがスタート。防護服を模した衣装のダンサーがCO2を噴射し、煙で覆われたステージにメンバーが姿を見せるとフロアは狂騒に包まれる。オリヴァー・サイクス(Vo)は「Welcome to "MANTRA"」と叫び、最新アルバム「AMO」に収録されている「MANTRA」でライブの幕を開けた。オリヴァーが咆哮のようなボーカルを響かせる横で、リー・マリア(G)とマット・キーン(B)は縦横無尽に動き回り、ジョーダン・フィッシュ(Key)とマット・ニコルス(Dr)もそれに呼応するようにアグレッシブに楽器を繰る。5人は序盤はヘビーな楽曲で固め、急速に場内の温度と湿度を高めた。一方でオリヴァーは「It's good to be back. We missed you so much」とひさびさの来日を喜び、ときおり笑顔を見せながらステージに向かってクラウドサーフをする観客と握手をするなどファンとの触れ合いを楽しんだ。

ライブ前半の激しいムードを変えたのは、「AMO」に収録されている「Mother Tongue」。エレポップ的なアプローチを取り入れた演奏中にオリヴァーは「You could be louder!」とファンに歌うように促し、美しく大きな合唱を巻き起こした。バラエティに富んだ選曲が光った後半戦では「This song is for HYDE」という紹介からダンサブルな「Nihilist Blues」を披露する場面も。「Follow You」では大きなシンガロングが起きたほか、フロアのあちこちでリフトする観客が現れ、メンバーはその光景を優しい眼差しで見つめた。アンコールでBring Me The Horizonのメンバーは「Drown」「Throne」の2曲を爆音で届けたほか、「See you soon」と再会を誓ってステージをあとにした。

■ 「SUMMER SONIC EXTRA」2019年8月19日 新木場STUDIO COAST公演 セットリスト
□ HYDE
01. FAKE DIVINE
02. AFTER LIGHT
03. MAD QUALIA
04. DEVIL SIDE
05. ANOTHER MOMENT
06. SICK

□ Bring Me The Horizon
01. MANTRA
02. Avalanche
03. The House of Wolves
04. Medicine
05. Wonderful Life
06. Shadow Moses
07. Happy Song
08. Mother Tongue
09. Can You Feel My Heart?
10. Sugar Honey Ice & Tea
11. Nihilist Blues
12. Antivist
13. Follow You
<アンコール>
14. Drown
15. Throne

最終更新:8/20(火) 14:07
音楽ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事