ここから本文です

韓中外相が北京で会談 王氏「韓日中の協力」を強調

8/20(火) 21:29配信

聯合ニュース

【北京聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は20日、中国の王毅外相と北京で会談し、両国関係の強化について議論した。

 対立が深まる韓日関係の仲裁に中国が乗り出すかが注目される中、王氏は韓日中3カ国の協力を強調し、関心を集めた。

 韓日中外相会談に出席するため、この日訪中した康氏は、王氏と約1時間にわたり個別会談を行った。

 王氏は会談で、今年は韓日中協力20周年で、過去と未来をつなぐ重要な年だと説明。3カ国が隣国として協力し、平和と安定を共に推し進めなければならないと強調した。

 また、年末に開かれる韓日中首脳会談に向けた準備についても言及した。 

 これに対し、康氏は「韓中関係の持続的な発展を通じて両国の国民がより多くの恩恵を享受できるよう、中国指導部と共に大きな努力を傾けなければならないと考える」と述べた。

 このほか、北朝鮮の相次ぐミサイル発射に関して「今回の(韓中日外相)会談で朝鮮半島情勢に対する評価を交換し、北の早期の対話復帰のための協力策についても緊密な議論があることを願う」と伝えた。

最終更新:8/20(火) 21:29
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事