ここから本文です

「LINE証券」スタート LINE上から数百円~で取引可能なスマホ向け新投資サービス

8/20(火) 15:02配信

ねとらぼ

 LINE子会社のネット専業証券会社、LINE証券が8月20日、スマートフォン向け投資サービスをスタートしました。「LINE」アプリから口座を開設し、国内有名企業の株式と国内ETF(上場投資信託)を1株・1口単位で取引でき、数百円からという少額で気軽に投資できるのが特徴。投資未経験者や初心者に分かりやすいサービスを目指したとのことです。

【厳選した国内有名企業の株式を取引可能】

 トヨタ自動車やZOZO、ヤフーなど「厳選した」という国内有名企業100社の株式と、TOPIX(東証株価指数)、NYダウ、金などの指数に連動する国内ETFを9種類用意。それぞれ1株、1口から購入でき、多くの銘柄が3000円以下という少額で取引できるようにしています。

 忙しいユーザーのライフスタイルにあわせ、平日の17時~21時に夜間取引時間を設定し、即時注文・即時約定できるのも特徴。一般的な1株単位の取引は注文時に取引価格が確定しませんが、LINE証券では注文した時点で即時に取引が成立するため、提示価格での取引が可能だとしています。

 取引はLINEの「ウォレット」タブから銘柄を選ぶ仕組みで、購入まで6タップで完了するとしています。「3000円以下で買える」「お気に入り数が多い」といったカテゴリーやランキングを用意し、銘柄選びの参考にできるようにしています。入出金は銀行口座のほか、LINE Payの残高からも行えます。

 口座開設はLINEアプリのウォレットタブから可能で、別途専用アプリなどは不要。申し込みは最短約3分で完了するとしています。

 LINE証券によると、未経験のユーザーが投資を始めようとしても、投資知識の不足、資金の不足、取引所の取引時間に縛られるという自由度の不足──の「3つの不足」があり、資産形成の必要性を感じていても一歩踏み出せないというユーザーが少なくなかったといいます。

 新サービスはLINEのアプリやインタフェースを活用した上、銘柄を絞り込んで1株・1口単位から少額で取引できるようにし、夜間取引も可能にすることで、未経験者・初心者の取り込みを狙います。

 LINE証券はLINEと野村ホールディングスが共同出資で2018年に設立。LINEが持つユーザー規模やスマートフォン向けサービスの技術・デザイン、野村グループが培った金融ビジネスノウハウを組み合わせ、投資への潜在的なニーズに応える新しい証券取引サービスを目指します。

ねとらぼ

最終更新:8/20(火) 15:02
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事