ここから本文です

U18日本代表に163キロ右腕の大船渡佐々木、星稜奥川ら20選手発表【一覧】

8/20(火) 15:47配信

デイリースポーツ

 「第29回WBSC U18ベースボールワールドカップ」(8月30日~9月8日、韓国・機張)に出場する高校日本代表20選手が20日、高野連から発表された。

【写真】大船渡・佐々木もU18で見られるぞ!

 今夏の甲子園で決勝進出を決めた星稜(石川)・奥川恭伸投手(3年)、高校史上最速163キロの大船渡(岩手)・佐々木朗希投手(3年)も選出された。

 監督は前報徳学園の永田裕治氏。ヘッドコーチは八戸学院光星監督の仲井宗基氏、コーチとして北海監督の平川敦氏、作新学院監督の小針崇宏氏が帯同する。

 22日から国内合宿がスタート。大学日本代表との壮行試合を経て、30日に1次ラウンド・スペイン戦に臨む。

 代表20選手は以下の通り。

 【投手】

 大船渡・佐々木朗希(3年)

 星稜・奥川恭伸(3年)

 習志野・飯塚脩人(3年)

 津田学園・前佑囲斗(3年)

 近江・林優樹(3年)

 智弁和歌山・池田陽佑(3年)

 創志学園・西純矢(3年)

 有明・浅田将汰(3年)

 興南・宮城大弥(3年)

 【捕手】

 星稜・山瀬慎之助(3年)

 明石商・水上桂(3年)

 【内野手】

 八戸学院光星・武岡龍世(3年)

 花咲徳栄・韮沢雄也(3年)

 東邦・石川昂弥(3年)

 東海大相模・遠藤成(3年)

 桐蔭学園・森敬斗(3年)

 東邦・熊田任洋(3年)

 智弁学園・坂下翔馬(3年)

 【外野手】

 東海大相模・鵜沼魁斗(2年)

 作新学院・横山陽樹(2年)

最終更新:8/20(火) 17:27
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/16(月) 20:10

あなたにおすすめの記事