ここから本文です

星稜寺沢、怪物の救援要請に「行ける!」と即答 継投完封で決勝へ

8/20(火) 16:28配信

デイリースポーツ

 「全国高校野球選手権・準決勝、星稜9-0中京学院大中京」(20日、甲子園球場)

 星稜(石川)がエース奥川から左腕・寺沢の継投で、強打の中京学院大中京を2安打完封。24年ぶりの決勝進出を決めた。

【写真】奥川に智辯和歌山が手助け

 奥川は7回2安打無失点、87球で決勝を見据えて交代。9-0と大量リードの八回から左翼の守備位置に就いた。

 この際、奥川がブルペンにいた寺沢に「行けるか?」とたずねたという。怪物自らの救援要請に「お前が聞くの?」と苦笑いした寺沢だったが、「行ける」と即答したという。

 寺沢も他校ならエース級の能力を備えており、今夏の甲子園は3試合連続無失点。この日は2回無失点と完璧な投球をみせ、「今日は過去3試合でベストの投球でした」と笑顔を浮かべた。

最終更新:8/20(火) 16:44
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事