ここから本文です

星稜 控え部員は甲子園周辺で“伝統”のゴミ拾い 部員77人の力で石川県勢初Vへ

8/20(火) 17:55配信

デイリースポーツ

 「全国高校野球選手権・準決勝、星稜9-0中京学院大中京」(20日、甲子園球場)

 星稜(石川)が準優勝した95年以来、24年ぶりの決勝進出。悲願の石川県勢初優勝に王手をかけた。22日の決勝では同じく初優勝を狙う履正社(大阪)と対戦する。

【写真】W杯のごみ拾いを中国人が称賛!

 エース奥川恭伸投手(3年)に注目が集まるが、控え部員もグラウンド内外で奮闘が続く。この日、準決勝の試合前にはメンバーを外れた控え部員が球場周辺をユニホーム姿でゴミ拾い。1年生だけでなく3年生も一緒になってゴミを素手で袋に入れ、聖地の周辺を清掃した。毎試合前に時間を見つけて行う活動で、山下智茂元監督(現名誉監督)時代から継続している“伝統”だ。

 2年連続20回目の出場で、悲願まであと1勝。奥川は「全てを出し切り、後悔のないようやりたい。最後まで全力で戦いたい」と決意。控え部員の思いも背負い、大旗をつかみに行く。

最終更新:8/21(水) 11:11
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/20(金) 0:25

あなたにおすすめの記事