ここから本文です

広島ドラ1小園がチーム26イニングぶりの適時打「何とかランナーを進めようと」

8/20(火) 20:01配信

デイリースポーツ

 「広島-ヤクルト」(20日、マツダスタジアム)

 広島のドラフト1位・小園海斗内野手が1-3の四回にチーム26イニングぶりのタイムリーを放った。

 先頭の松山が四球、メヒアが左前打で続き無死一、二塁。カウント1-2から高橋の6球目変化球を左翼線へはじき返した。

 「打ったのはスライダー。早めに追い込まれてしまったので何とかランナーを進めようという気持ちでいきました。良いところに落ちてくれて良かったです」

 なお無死一、二塁。続くサンタナは来日初安打初打点となる中前適時打を放ち、試合を振り出しに戻した。その後2死一、三塁から西川の打席での捕逸により、三走・小園が生還。勝ち越しに成功した。

最終更新:8/20(火) 20:04
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事