ここから本文です

岡田義徳、税金徴収のバイト経験を告白 強制執行の場に立ち会う

8/20(火) 11:00配信

オリコン

 俳優の岡田義徳が、25日放送のフジテレビ系『実録!金の事件簿』(後9:00)に出演。俳優業以外に、生活のために家賃回収や税金徴収のアルバイトをかつて行っていたことを明らかにする。

【写真】番組には坂上忍、鈴木砂羽らも出演

 同番組は「お金にまつわる悪い奴ら・ズルい奴らを徹底的に追い詰める」がコンセプト。今回も家賃回収のドキュメントVTRや、税金GメンVS悪質な滞納者はもちろん、婚活にいそしむ若者の密着VTRから見るお金をかけた涙ぐましい努力の様子や、お年寄りに迫る悪徳詐欺集団の手口を緊迫の実録VTRなどといった新たな切り口も特集する。

 番組の内容にまつわるアルバイトをしていたという岡田だが、その経緯を「仕事をあまりしていなかったというのもあり、家でぼーっとしているわけにもいかないので。それで、いろいろなバイトの面接を受けたのですが、落とされるんですよね。俳優を長年やっていて扱いづらい、と。結局できる仕事としてチョイスできたのが、こういう派遣という仕事だったのです」と説明。

 1年近く行ったそうだが、税金徴収の現場では、強制執行の場に立ち会うことになり「私語厳禁、4時間以内に撤去せよ」との指示通り、家財道具全てを黙々とトラックに詰めて運び出したという体験もしたと告白。「それをテレビで『これだけやっていました』『実は大変でした』ということを話したかったわけではなく、僕は生活するためにお金がいるからバイトしただけ、生活のために働くという普通のことをしただけなんです」と真意を明かしていた。

最終更新:8/27(火) 8:55
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事