ここから本文です

星野源、学生時代の“黒歴史”告白 川田裕美アナのブレイクを9年前に予言「絶対全国区になる」

8/20(火) 18:00配信

オリコン

 シンガー・ソングライターで俳優の星野源が、21日放送の日本テレビ系バラエティー『1周回って知らない話 2時間SP』(後7:56)に出演。芸能生活20年を迎えた星野が、二度と戻りたくないという学生時代の“黒歴史”を告白する。

【番組カット】コシノジュンコ氏が福原愛と卓球対決

 バラエティー番組の出演が珍しい星野に、MCの東野幸治が交友関係を聞いてみると、スターの名前が次々飛び出す。そんな星野の1周回った疑問は、番組アシスタントの川田裕美アナに関すること。実は9年ほど前、大阪のテレビで偶然に読売テレビ時代の川田アナを見たという星野は、一目見た時から「すごいステキな人」「絶対全国区になる」と思いを寄せていたと明かす。なぜ、星野が川田アナに興味を抱いたのか。番組で2人の過去を調べたところ「二度と戻りたくない学生時代」という共通点があった。

 星野は高校時代、コミュニケーションが苦手という悩みから3ヶ月ほど学校に行けない状態になった。生活習慣を無理矢理規則正しくすることで、なんとか学校に行き始めたが、クラスメイトから“あること”に誘われ人生が一変する。また、曲を作っても誰にも聞かせることがなかったため、未発表の“クソみたいな”曲があるという星野に、東野が「これクソみたいやったなっていうタイトルだけ教えて」と質問。告白した曲のタイトルに、ゲストの菊地亜美も思わず「重い」と引いてしまう。

 番組にはそのほか、ファッションデザイナーのコシノジュンコ氏も登場する。

最終更新:8/22(木) 14:55
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事