ここから本文です

業者破産で工事が中断した五輪会場の「有明テニスの森」、工事は最後の追い込みへ

8/20(火) 18:38配信

東京商工リサーチ

 東京五輪・パラリンピックのテニス会場となる「有明テニスの森」(江東区)。2018年10月に工事を請け負った会社が倒産し、工事の一部が中断した。前代未聞の事態だったが、“テニスの聖地”と呼ばれる会場の工事を引き継いだ会社が猛暑の中、奮闘していた。
 工事は追い込み段階で、今年9月開催の国際大会「楽天オープン」には間に合う予定だ。
「有明テニスの森」の工事を受注した会社の倒産に、一時はマスコミが取材で殺到した。今、「有明テニスの森」はどうなっているか。東京商工リサーチ(TSR)情報部が取材した。

工事会社の倒産を乗り越え、工事は最終盤へ

 当初工事を受注したのは(株)エム・テック(TSR企業コード:310340748、さいたま市)だった。同社は事業の急拡大で管理体制が疎かになり、昨年10月1日東京地裁に民事再生法の適用を申請し、11月に破産へ移行した。
 工事の完成予定期日は2019年7月だったが、倒産で工事が中断した。テニス会場の一部では、今年9月に国際大会「楽天オープン」、10月には「三菱 全日本選手権」が控えていただけに、何としても完成が急がれていた。
 倒産から3カ月間の中断を経て、東京都は今年1月、改めて2社に残り工事を発注した。
 新たな受注業者は、施設工事が関東建設工業(株)(TSR企業コード:270013334、群馬県太田市)、電気工事が栗原工業(株)(TSR企業コード:570061580、大阪市北区)の中堅会社だった。
 関東建設工業と栗原工業は、隣の「有明コロシアム」の改修工事もJVで請け負っていた。「有明コロシアム」の工事は今年7月に完成。その一部施設は「11月7日から一般利用を再開する」(東京都の担当者)という。
 一方、中断していた「有明テニスの森」の工事は、9月28日開催予定の「楽天オープン」に備え、利用スペースを先行して工事を進め、大会には間に合うようだ。全体工事も五輪前の2020年3月までに完成を見込んでいる。
 都の担当者は、「関係者が一致団結して頑張っている」と安どの声を漏らした。

 世界が注目する五輪テニス大会の人気会場、「有明テニスの森」が工事半ばで中断という異例の事態に見舞われた。女子テニスの大坂なおみ選手が世界ランキング1位。男子テニスの錦織圭選手は同7位。日本選手が五輪で活躍する舞台に、水を差しかねない状況だったが、関係者の努力で収束に向かっている。
 現場では、完成後のテニス会場のイメージ図を眺める2人の女性がテニス談義で話が弾んでいた。猛暑が続く東京。1年後には夢の東京五輪・パラリンピックが開催される。

最終更新:8/20(火) 18:38
東京商工リサーチ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事