ここから本文です

“あまちゃん”“万引き家族”で町を活性化できたワケ

8/20(火) 17:10配信

テレ東プラス

いまだ続く「あまちゃん」の経済効果は32億円!

“何もない町“に人が集まっている。人口約3万4000人の岩手県久慈市は、同市の市長いわく「遠くて不便で寒くて暗くて、何もない寂しい町だった」とのこと。しかし、久慈の町は2013年放送のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」で一変。ロケ地巡りをしに、国内外から多くの観光客が訪れるようになった。ドラマが終わった今も町は潤い、経済効果は約32億円に上るという試算もあるほど。

現地の人々にとっては見慣れた風景が映画やドラマによって“聖地“に変わる。そんな現象が各地で起きている。最近では、過疎化が進む地域と制作者を積極的につなげる会社も出てきた。東京・港区に社を構える「地域活性プランニング」だ。社員は約20人。ロケ地として貸したい団体と借りたい映像制作者をマッチングするサイト「ロケなび!」の運営や、地方自治体向けにロケ誘致のコンサルティングを行い、地域の活性化を手助けする。

同社で窓口として活躍する木庭清美さんは、「毎週違う地域の相談が入ってくる」と話す。ある日、案内してくれたのは人口約8万8000人の千葉・茂原市にある小さな商店街。シャッターが閉まった店ばかりが目に入るが、実はここが人気のロケ地だという。「古い昭和の設定でもいける。エキストラを使えば活気ある商店街になる」と木庭さんが語る通り、たった1年で4本の映画やドラマのロケ地に選ばれた。

木庭さんは、1年間で約50件のロケを茂原市に誘致した。木庭さんの仕事は、ロケを誘致するだけではない。また、映画「万引き家族」のロケ地として知られる千葉県いすみ市では、ロケ地巡りにやってくる観光客が増えたが、町にお金を落してもらうために地元商工会メンバーと新たな“名物グルメ“の開発に携わるなど、町おこしにつなげるまでが仕事なのだ。さらに、地方自治体と映画やドラマの制作者とのマッチング大会を開催したりと活動は多岐にわたる。

しかし、すべてが順風ではない。人口約4万2000人の愛知県幸田町では、昨年9月から「ロケなび!」に掲載し、コンサルティング料を含む年間約200万円を税金から支出するものの問い合わせがほぼない。「観光には無縁な町」からの脱出を模索する幸田町産業振興課の春日井幸弘さんは、「お金を払って登録することに、何かメリットはあるのかな」と懐疑的だ。

1/2ページ

最終更新:8/20(火) 17:10
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事