ここから本文です

東京2020大会まであと1年、何も変わらない東京の鉄道はすでに驚異の能力を備えていた

8/20(火) 13:19配信

みんなの2020

 東京2020オリンピック・パラリンピック(以下東京2020大会)では大勢の観客が東京23区内を中心に移動すると見られる。主催者の東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(以下組織委員会)によると、移動する人々の数は競技が19日間開催される東京2020オリンピック競技大会(以下オリンピック)で延べ約780万人、同じく13日間開催される東京2020パラリンピック競技大会(以下パラリンピック)で延べ約230万人だという。大まかに言って1日平均の観客数はオリンピックでは約41万人、パラリンピックでは約18万人である。これだけの人々が利用する鉄道について、輸送力やセキュリティー、サービス面に不安はないのであろうか。早速検証してみたい。

来る東京2020大会に向け 東京23区内で新たに開業する鉄道は......

 まずは簡単なクイズから始めよう。「はい」か「いいえ」で答えていただきたい。
「東京2020大会に向けて東京23区内で新たに開業する鉄道はおよそ70kmである。」
 日本国内在住の方々、特に首都圏在住の方々にとってやさしい問いであろう。答えは「いいえ」で、70kmもの鉄道が新規に開業することはない。でも、東京2020大会の開催に伴って開業する新しい鉄道は全くないと言われれば驚く人は多いであろう。
 実を言うと、東京23区内では東京2020大会向けどころか、この10年間を振り返っても新たな鉄道は誕生していないし、すでに存在する鉄道が延長されたケースすらない。JR東日本の上野東京ラインは新線のように見えるが、元からあった東北線の線路を整備したもので、純粋な意味での最新の鉄道は2008年6月に開業した東京メトロの副都心線である。池袋駅から新宿三丁目駅を経て渋谷駅へと至る地下鉄で、もちろん観客の移動にも便利だが、東京2020大会のために建設されたのではない。
 東京2020大会に向けて「新」と付く東京23区内の鉄道の整備は実質的に一つだけである。それは、東京メトロ日比谷線の霞ケ関駅と神谷町駅との間に開設されることとなった新駅の虎ノ門ヒルズ駅だ。この駅に隣接する超高層ビルの虎ノ門ヒルズ森タワーには、東京2020大会の競技場や選手村が設けられる臨海副都心方面へのBRT(Bus Rapid Transit。バス高速輸送システム)のバスターミナルが設けられるという。
 もう一つ、東京23区内には東京2020大会の開催までに新たな駅が開業する。JR東日本の山手線、京浜東北線の田町駅と品川駅との間の高輪ゲートウェイ駅だ。駅名の是非が大きく取り上げられたこの駅は、東京2020大会向けではなく、駅の周囲に誕生する新都心の玄関口としての役割を担う。この新都心には東京2020大会に関する施設は建設されない。

1/4ページ

最終更新:8/20(火) 13:19
みんなの2020

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事