ここから本文です

日本一高所の水族館は「体験型」転換で、リピーター続出に!【長野発】

8/20(火) 11:02配信

FNN.jpプライムオンライン

200種のユニークな生き物たち

長野放送 小宮山瑞季(こみやま ・みずき)アナウンサー;
ここ長野県に海はありませんが、ちょっとユニークな水族館があるんです!

【画像】こんな生き物とのふれあい体験も!

避暑にぴったりの高原リゾート地「蓼科高原」。標高1750メートルの山中に建つのが「蓼科アミューズメント水族館」。日本一標高の高い水族館だ。

長野放送 小宮山瑞季アナウンサー;
ここ標高1750mの水族館という事ですが、どんな水族館なんですか?

蓼科アミューズメント水族館 飼育担当 門間恒(もんま・ひさし)さん;
当館はですね、淡水専門の水族館になっています。

早速、中へ。最初に迎えてくれた生き物は…

蓼科アミューズメント水族館 飼育担当 門間恒さん;
これは「ガラルーファ」といいまして、角質を優しく食べてくれる魚ですね。

長野放送 小宮山瑞季アナウンサー;
手をいれてみます!…あーくすぐったい!一気に魚たちが、私の手に集まってきました!

蓼科アミューズメント水族館 飼育担当 門間恒さん;
たまに顔を入れたいっていう人もいます(笑)。

長野放送 小宮山瑞季アナウンサー;
気持ちわかります。

更に進むと…「アフリカンシクリッド」という美しい魚のいる水槽が。

長野放送 小宮山瑞季アナウンサー;
きれいですね!これって海の魚じゃないんですか?

蓼科アミューズメント水族館 飼育担当 門間恒さん;
もともと海水魚だったのが、陸地に閉じ込められて、だんだんと淡水にのみ生息するようになりました。

館内には200種類2000匹の淡水の生き物がいて、ユニークな姿を見せてくれる。

愛知から来た来館者;
結構、山奥にあってびっくりしました。

埼玉から来た来館者;
とても楽しくて居心地がいいです!

他にもユニークな生き物が…黒くて怪しげな動きのこの魚は、その名も「ブラックゴースト」。

蓼科アミューズメント水族館 飼育担当 門間恒さん;
この魚の特徴わかりますか?

長野放送 小宮山瑞季アナウンサー;
ヒレを素早く動かす?

蓼科アミューズメント水族館 飼育担当 門間恒さん;
はい、そうやって後ろ向きにも自在に泳げます。

蓼科アミューズメント水族館 飼育担当 門間恒さん;
これはここで繁殖したんです。

長野放送 小宮山瑞季アナウンサー;
私わかりますよ、ウーパールーパーですよね!こんなに大きいんですか?たくさんいると圧巻ですね。なかなか見られない景色に驚いています。

本来の生息地・メキシコでは水質汚染などにより生息数は100匹とも言われ絶滅寸前だが、水族館では丁寧に飼育し、年間250匹ほどの繁殖に成功しているという。

蓼科アミューズメント水族館 飼育担当 門間恒さん;
いつか必要になれば、(現地に)戻せるようにと思ってます。

ウーパールーパーをじーッと観察していると…。

蓼科アミューズメント水族館 飼育担当 門間恒さん;
今の息継ぎです。

一瞬、水面から顔を出して息継ぎ。なんともお茶目!

1/2ページ

最終更新:8/20(火) 11:02
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事