ここから本文です

【インド】長引く自動車販売不振、メーカーは減産で対応

8/20(火) 12:05配信

INDO WATCHER ビジネスプレミアム

 自動車販売の不振が続く中、メーカー各社に減産の動きが広がっている。乗用車大手の現代モーター・インディアは今月、生産部門ごとの稼働休止日を決めたほか、二輪車最大手ヒーロー・モトコープは独立記念日から連休にすることで生産調整している。PTI通信が18日付などで報じている。

 現代モーター・インディアは、車体製造や塗装部門などで10日と12日の操業を休止。エンジンについては一部の部門が9~21日は稼働しないほか、今月は土曜日も休日とした。

 またヒーローは16日、祝日に当たる15日の独立記念日から18日まで4日間の操業を停止し、市場の需要に合わせた生産調整を行うことを明らかにした。

最終更新:8/20(火) 12:05
INDO WATCHER ビジネスプレミアム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい