ここから本文です

同じ日に同じ騎手で ブラストワンピースの妹、来春の狙いは?【2歳馬チェック】

8/20(火) 16:11配信

優馬

競馬専門紙「優馬」2歳馬チェック

8/18(日) 札幌5R 2歳新馬 芝1800m
ホウオウピースフル 牝 馬体重:464kg
★★★★★★ 6点
騎手:川田 厩舎:(美) 大竹
生産:ノーザンファーム
馬主:小笹芳央
父オルフェーヴル
母ツルマルワンピース(キングカメハメハ)

まずまずのスタートを決めて好位の外目へ。前半1000m通過が66秒1と遅いペースもあってか、少し行きたがる素振りは見せたが、折り合いはOK。ジリジリとレースが加速すると、それに合わせて前との差を詰め、直線に向いた時点であとは抜け出すだけという格好。ラスト2F11秒3-11秒3の流れを余力十分の勝ちっぷりで初戦を飾った。

■馬体診断
血統的に気性面が心配だったが、パドックではウルサイところもなく、集中して歩けていた。仕上がりの良い馬体ではあったが、まだ筋肉量などで成長余地を残しているか。やや胴長のシルエットで脚捌きもユッタリとしていて、距離適性は2000~2400mくらいにあると言っても良さそう。瞬発力・パワーに優れたフットワークが印象的。

■血統診断
母ツルマルワンピースは2歳時に2勝を挙げて阪神JFでは5着。祖母ツルマルグラマーも2歳時に重賞2着がある。その祖母の半弟には菊花賞・天皇賞(春)でともに2着のアルナスライン。そして本馬の半兄は昨年の有馬記念を勝ったブラストワンピースである。奇しくも同日の札幌記念を制し、兄妹同日勝利となった。仕上がりの早い中距離タイプだろう。

馬券の狙い目→馬体の造りやフットワークから中距離路線での活躍が見込める。パワフルで力の要る馬場もOK。狙うならオークス(東京芝2400m)。

最終更新:8/20(火) 16:11
優馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事