ここから本文です

開幕戦で日本と戦うロシア、テストマッチでイタリアに大敗。ラグビーワールドカップ

8/20(火) 10:11配信

J SPORTS

9月20日(金)に開幕するラグビーワールドカップ日本大会まで、あと1ヶ月。

世界各地では、出場国が本大会に備え、テストマッチを行なっている。8月17日(土)は、日本代表と開幕戦を戦うロシア代表が、アウェイでイタリア代表と戦った。

ホームのイタリア代表は、ワールドカップではニュージーランド、南アフリカと同じプールBに入り、悲願の初のベスト8入りに向けて、急ピッチに強化を進めている最中。

ただ、11日にはアイルランド代表に善戦したが、10-29で敗北し、テストマッチ8連敗を喫してしまった。

ロシア戦では、5大会目の出場となる主将のNO8(ナンバーエイト)セルジョ・パリッセを筆頭に、SO(スタンドオフ)トンマーゾ・アラン、昨年の日本代表戦でも活躍したWTB(ウィング)マッテオ・ミノッツィ、CTB(センター)ミケーレ・カンパニャーロら、ほぼベストメンバーを揃えた。

一方のロシア代表は、3月17日に行われたヨーロッパ・チャンピオンズカップのジョージア代表戦以来のテストマッチで、このイタリア代表戦が、ワールドカップ前の準備の試合としては初戦となった。

初出場した2011年に続いて、2大会目の出場となるキャプテンのFB(フルバック)ヴァシリー・アルテミエフ、LO(ロック)アンドレイ・ガルブゾフ、CTBウラジミール・オストロウシコら7人が、昨年11月の日本代表戦の先発メンバー。

また、日本代表戦で途中出場ながら活躍したSOラミーリ・ガイシンが先発し、SH(スクラムハーフ)ディミトリ・ペロフとハーフ団を組んだ。ロシア代表も本番を想定したラインアップとなった。

イタリア代表はこの試合後、ワールドカップに出場する31名が発表される予定であり、最後のセレクションマッチになる。

NO8パリッセ主将は「ロシアはタフなチームだ。この試合では自分たちがどんな状態か確認する重要な機会になる」と気合も十分だった。

1/2ページ

最終更新:8/20(火) 10:11
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事