ここから本文です

【高校野球】履正社決勝へ エース清水君は登板せず 「決勝のマウンドで全力を」/兵庫・丹波市出身

8/20(火) 14:51配信

丹波新聞

 甲子園球場で20日に行われた「全国高校野球選手権大会」準決勝で履正社(大阪)が明石商業(兵庫)を7―1で破り、初の決勝進出を決めた。履正社のエースで、兵庫県丹波市立氷上中学校出身の清水大成投手(3年)はマウンドに立つ機会はなく、22日の決勝で全国の頂点を狙う。

「実力のなさ痛感」明石商エース・中森君 履正社打線に7失点 「また帰ってきたい」

 履正社は初回、先頭の桃谷惟吹外野手(同)が明石商業のエース・中森俊介君のチェンジアップをセンターに運び、あわやホームランという3塁打。後続も続き、この回6安打で4点をもぎ取った。また、5回にも連打で1点を奪った。

 この日、履正社のマウンドを任されたのは、2年生の岩崎峻典投手。控えに回った清水投手は、普段岩崎君にしてもらっているように、ベンチに入って来るたびに氷のうを手渡すなどサポートした。

 2完投を含む4戦先発の疲れはある清水君。前日からリリーフでの登板を告げられていた。「岩崎が完投してくれ、チームも自分も助かった」と笑顔を浮かべる。

 「好投手の中森君が相手なので、後半までもつれたらいくぞと言われていて、準備はしていた。初回に4点取れたが、9回にダメ押しの2点が入るまで、登板があるかもしれず気を張っていた」

 センバツ初戦で星稜に完敗した後、日本一を掲げ再起。チームの総力で勝ち上がってきた。今回も22日の決勝で奥川恭伸投手を擁する星稜と激突する。

 あと1勝で、悲願の初優勝。「全国のチームが目指してきた甲子園の決勝の舞台。背番号1を背負っている以上、試合を作るピッチングをする。万全のコンディションでマウンドに立ち、全力で投げたい」と気合の入ったまなざしが見据える先は、深紅の優勝旗だけだ。

最終更新:8/20(火) 18:06
丹波新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事