ここから本文です

今が旬! 激レアスイーツから限定タピオカまで「桃」を味わう5選

8/20(火) 22:20配信

Hint-Pot

“幻のショートケーキ”から桃まるごとかき氷まで!

 夏のフルーツとして人気が高い桃。そのままでも美味しいが、さらに美味しく食べられるスイーツがさまざまな形で提供されている。その中でもひときわ目立ったスイーツをご紹介。大流行中のタピオカや、“幻”と話題になったスイーツまで幅広く登場している。

【画像】どのスイーツもフォトジェニック! 桃まみれのスイーツ画像

 ◇ ◇ ◇

1、1ピース3500円の激レアスイーツ!桃だらけのショートケーキ

 ホテルニューオータニのスイーツといえば、1ピースで1200円もする「スーパーあまおうショートケーキ」など、値段も味も“スーパー”な高級ショートケーキが有名だ。しかし、夏はそれを超えた“スーパーエクストラ”なショートケーキが登場。「新エクストラスーパーピーチショートケーキ」はなんと桃を約1個まるごと使用!糖度13度以上の甘さを持つ国産桃だけを使用し、フルーティーなライチはちみつで甘さを引き立てている。桃にこだわっているため、旬をすぎると予告なく販売終了に。さらに1日20個限定と限定尽くしであることから“幻”とも言われているそうだ。

 もちろん桃だけでなく、スポンジやクリームも桃と合わせるために開発。九州大牟田産の35%低脂肪クリームを使用し、ふんわりとした軽さとスッキリな後味が桃をより引き立てる。味だけでなく、値段も3500円(税別)と“スーパーエクストラ”な設定。一度は味わってみたいスイーツだ。

2、「食べるバター」に桃登場!そのままでもアレンジでも楽しめる

 食のコスメティックブランド「カノーブル(CANOBLE)」が提供する“食べるバター”に、新しく「岡山甘熟白桃バター」が登場した。バターといえば塗って食べるもの、というイメージだが、スイーツのように食べるのが「カノーブル」流だ。今回使用した岡山の白桃はデリケートであることから、これまでゼリーやジャム以外の加工方法に限定されていたが、肉質や風味を損なわずに開発することに成功。糖度12度以上の甘い桃をバターに練りこみ、さらに糖度15度以上の最高品質の桃をトッピングに使用した。トーストに乗せるもよし、生ハムに包むもよしのアイテムだ。

3、台湾の人気カフェ「春水堂」から店舗限定の桃タピオカが登場

 タピオカブームに先駆けて日本に上陸した台湾の人気カフェ「春水堂(チュンスイタン)」は7月2日、銀座に旗艦店をオープン。この店舗限定で「“銀座のタピオカミルクティー”タピオカ白桃鉄観音ミルクティー」を販売している。他店でも人気の鉄観音ミルクティーに白桃果汁と果実を使用。さらにたっぷりのクリームと桃をトッピングしたスイーツのようなタピオカドリンクとなっている。また、銀座店以外でも夏季限定で「タピオカ白桃ミルクティー」を発売中だ。

1/2ページ

最終更新:8/20(火) 22:20
Hint-Pot

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事