ここから本文です

空から見た岡山と倉敷の町並みは? 倉敷市で鳥瞰図の展覧会 岡山

8/20(火) 16:26配信

KSB瀬戸内海放送

 岡山や倉敷の街並みを空から描いた鳥瞰図(ちょうかんず)の展覧会が、倉敷市で開かれています。

 岡山市民会館に、桜が咲き誇る後楽園。岡山市中心部の町並みを500分の1の縮尺で描いた鳥瞰図です。倉敷の鳥瞰図と一緒に美観地区のギャラリーに展示され、縦横約2メートルあります。

 倉敷市の画家岡本直樹さん(70)がそれぞれ4年間かけて制作しました。町を歩いて建物などをスケッチし、アイソメトリックという図法を使って描いています。

(鳥瞰図を制作/岡本直樹さん)
「侍が作った町と町人が作った町との差が一目瞭然で楽しい。これやりたくて十何年頑張ってきた感じです」

(浅口市から―)
「実家も写ってるから見に来たいなと思って。ここになります。すごくいきいきとした感じで描かれててすてきです」

 現在70歳の岡本さん、これからも変わり続ける町の景色を残していきたいと話します。

(岡本直樹さん)
「いつできるか分からないですけど、何かの形で最後の仕事になるか、ちょっと頑張ってみようかなという気はしてます」

 この展覧会は、8月25日まで開かれています。

最終更新:8/20(火) 18:39
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事