ここから本文です

「JAWSウェッジ」に石川遼が早速食いついた!? ひと月半ぶり開催の男子ツアー、最新ウェッジ事情

8/20(火) 18:32配信

みんなのゴルフダイジェスト

石川遼の劇的な復活優勝で幕を下ろした「日本プロ」からひと月半の時を経て、今週久しぶりに男子ツアー「長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップ」が開催。ひと月半ぶりとあって、練習日の今日は秋の新製品をテストする選手たちが多くいた。その中から、この記事では2本の新しいウェッジをレポート。

食いついたら離れない?その名は「JAWS」

まずは二大会連続優勝を狙う石川遼選手がテストしていた、新しいキャロウェイのウェッジ。マックダディシリーズの最新モデルで、「ジョーズ」のように食いつくため、JAWSウェッジという名称とのこと。

「やっぱり溝の効果を感じます。ボールが食いつく感じがするし、出球が低くてスピンが効いてる飛び方をします。とくにヘッドスピードの速くない30、40ヤードのアプローチで効いてくれるのでいいですね」(石川)

まだ実践投入するかどうかはわからないが、好感触を得たようだ。ショートゲームの名手だけに、使用すればさらに話題になりそう。

ウェッジではピンの「グライド3.0」も供給開始

ウェッジつながりでいえば、ピンの「グライド3.0ウェッジ」も今週から男子ツアーでの供給がスタート。こちらは大槻智春、永野竜太郎がテスト。

「いいですね。とくに違和感なく変えられると思います。トウヒールのバランスになったことで、やさしくなった印象です」(永野)とのこと。渋野日向子選手の優勝で盛り上がるピンのクラブ。ウェッジも人気となるか……?「いいですね。とくに違和感なく変えられると思います。トウヒールのバランスになったことで、やさしくなった印象です」(永野)とのこと。渋野日向子選手の優勝で盛り上がるピンのクラブ。ウェッジも人気となるか……?

「セガサミー」ではドライバーやシャフトなど、注目クラブをプロたちが続々とテストしたり、バッグインしたりしている。引き続きレポートしていくので、お楽しみに。

みんなのゴルフダイジェスト編集部

最終更新:8/20(火) 18:32
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事