ここから本文です

インテル・マイアミ 最初のビッグネーム獲得に向けて準備

8/20(火) 8:23配信

SPORT.es

パリ・サンジェルマン(PSG)との契約が残り1年となり、クラブ史上に名を残すストライカーとなっているエディンソン・カバーニは、既に将来のプランを考えているとされており、MLSでプレーをすることが予想されている。

カバーニまでも!? ベッカムのインテル・マイアミに移籍か

来年2月に33歳を迎えるカバーニは、その年には自由契約となるため、スター選手をクラブに連れてくることを公言しているデイビッド・ベッカムがオーナーを務めるインテル・マイアミ入りは、より簡単になるだろう。

インテル・マイアミは、2020年からMLS参入予定となっている。同ウルグアイ人FWはチームの看板選手として高額な年俸を受け取り、3年契約を結ぶことが噂されている。

さらにはマティアス・ペジェグリーニとフリアン・カランサ、そしてベネズエラ人のクリスティアン・マクーンの獲得が既に発表されている。

SPORT

最終更新:8/20(火) 8:23
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事