ここから本文です

節約したいけど、楽しみも大事! そんな人はメリハリの家計管理を意識しよう

8/20(火) 17:50配信

ファイナンシャルフィールド

安定した企業に勤めていても、将来の収入は不透明な現代。

家計管理をきちんとできていることが、将来の不安を解消する第一歩と言っても過言ではありません。もちろん節約ばかりでは人生楽しくありませんから、メリハリのあるお金の使い方を心がけていきたいものです。

無理なく節約する秘訣その1

無理なく賢く節約する秘訣の一番に挙げられるのが、「使途不明金の削減」です。

月の収支を振り返ったときに「何に使ったのかわからない」など、いつの間にか財布の中のお金が減っていたりすることはないでしょうか? 家計簿をつけており、月々の収支は把握しているという方も多いでしょう。

しかし、「その他の出費」に振り分けられる項目が多いと、少し問題です。

その中身は何なのか、本当にそのときに必要なものだったのか、考えてみるようにしてください。必要であれば問題ありませんが、必要であっても、その値段が妥当なものでない場合は、今後見直す必要があると言えるでしょう。

はやりのカフェでのお茶会などもたまにはいいかもしれませんが、ランチに3000円もかけるのはどうでしょうか? もし、それがお付き合いで仕方なくという支出であれば、今後は余裕があるとき、もしくは年に何回か回数を決めて行くのも、ひとつの方法です。

無理なく節約する秘訣その2

2番目に挙げられるのは、「出費に優先順位をつける」ことです。お金の使い方に優先順位をつけるのは、時期的なものや予想外の出来事もあり、なかなか難しいものです。そのためにはまず、ご自身の生活のリズムをきちんと把握するようにしましょう。自分の今の生活に一番必要なものは何か、一度見直してみてください。

例えば、病気になったときの医療費は大切なものです。医療費がもったいないからと病院に行かず、悪化してしまい、結果として多くの治療費を払う羽目になるのは本末転倒です。持病があるなら、最低限その月にかかる医療費は優先するようにしましょう。

逆に、お付き合いの飲み会などは悩ましいものです。もし割り切れるのであれば、ある程度の予算を決め、その中で収めるようにしましょう。

ストレス解消のために服を買ったり、趣味にお金を使ったりする方もいますが、これもある程度予算を決め、その範囲内に収めるよう心がけてみましょう。お金のかからない趣味を作る、などの対策も必要です。

1/2ページ

最終更新:8/20(火) 17:50
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事