ここから本文です

TAKAHIROのムードメーカーっぷりに周囲も感謝 “ちょんまげ上裸”で現場を盛り上げる【動画付き】

8/20(火) 20:01配信

オリコン

(C)ORICON NewS inc.

 人気グループ・EXILEのボーカルTAKAHIROが20日、都内で行われた映画『3人の信長』(9月20日公開)の完成披露試写会に登壇。共演の高嶋政宏からは「クレープを差し入れしてくれた」と明かされ、メガホンをとった渡辺啓監督からは「ちょんまげで上裸の格好で、下はジャージで現場に来た」と暴露されるも、ムードメーカーとして現場を引っ張る姿勢に、共演陣から感謝の言葉が贈られた。

 クレープの話を明かした高嶋は「普段はクレープ食べないんですけど、島根県の山奥での撮影だったんでうれしかったですよ」と感謝。さらに前田公輝も「クレープの話になるんですけど、TAKAHIROさんは自分がクランクアップしたあとも差し入れしてくださったんです」と話すと、少し照れた表情を見せたTAKAHIRO。何度差し入れをしたのか聞かれると「太っ腹なんで覚えてないです」と自慢げに語り、会場の笑いを誘った。

 ちょんまげで裸の格好で現場に顔を出したときは、劇中でも重いシーンの撮影だったようで、渡辺監督は「笑うしかないですよね」と笑顔。そのとき撮影していた市原隼人は「筋肉がすごかったので驚きました」と振り返った。

 さらに、撮影が去年の夏頃で「虫がすっごい寄ってくるんですよ」と苦労話をしたTAKAHIRO。すると渡辺監督が「TAKAHIROくんの着物の中に蛾が入っちゃって、その時の声をすっごい覚えていて、意外に高かったんです。そんな声を出すのかと」と笑っていた。

 この日は、岡田義徳、坂東希も出席した。

 物語の舞台は永禄13年(1570年)。とある戦いにより敗走中の織田信長の首を狙って、廃村に潜んでいた蒲原氏徳(高嶋)たち。捕らえたと思った信長は、まさかの3人。万が一、影武者の首を討ち取ってしまっては、笑いものにされると考え、今川家の威信にかけて、あの手この手で本物をあぶりだそうとする。しかし、3人の信長たちも“我こそが信長”と猛アピール。お互いの誇りをかけた、笑いと人情の謀略合戦が描かれる。

最終更新:8/20(火) 20:01
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事