ここから本文です

「ロナウドはベッカムと違った」フォルランが明かす脅威のナルシストぶり

8/20(火) 10:50配信

SPORT.es

ディエゴ・フォルランは現役引退を発表してから複数のメディアのインタビューに応じ、彼の発言は注目を集めている。ウルグアイ人の元FWは少しもためらうことなく、クリスティアーノ・ロナウドに関する彼の正直な意見を述べた。

チアゴ・シウバ “世界トップ3”のFW残留を望む「彼らは他の選手達とは違う」

「クリスティアーノはロッカールームでナルシストだった。ベッカムとは違ったね。彼は常に鏡の側にいることを望んでいた。一日中、鏡を見ていたよ」と『Mirror』紙は伝えている。

フォルランの元チームメイトである同ポルトガル人FWとの思い出は、全くもって良いものではなかった。CR7の身体への過度な気遣いについて指摘されたのは初めてではなかったため、彼の発言は世間を驚かせるものではなかった。

同ウルグアイ人は幾度となくロナウドとデビッド・ベッカムの二人を比較している。『Fox Sports Radio』による別のインタビューで、フォルランは再び同ポルトガル人について述べた。
「ロナウドは鏡の前で着替えていた...恐ろしいものだった。ベッカムはより自然体で、彼らはとても違っていた。クリスティアーノは全てに関してより入念な人間で、髪をセットしていないところは見たことがなかった。ベッカムは髪がボサボサのまま練習していたが、彼は似合っていた」

現在はユヴェントスでプレーする同FWにとっては、おそらく気に入らない発言だろう。

SPORT

最終更新:8/20(火) 10:50
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事