ここから本文です

夏の甲子園 星稜が決勝進出 4番 内山選手(上市町出身)が活躍/富山

8/20(火) 19:43配信

チューリップテレビ

 上市町出身のスラッガーが甲子園で活躍しています。

 夏の甲子園・準決勝が20日行われ、石川県代表の星稜高校の4番内山壮真(うちやま・そうま)選手が決勝進出に貢献しました。

 2年連続20回目の夏の甲子園出場を誇る石川県の強豪・星稜で2年生ながら4番を務めるのが上市町出身の内山壮真選手です。
 18日の準々決勝では、2打席連続ホームランを放ちました。
 内山選手は中学から星稜に進学し、高校では1年の秋から4番でショートでレギュラーに定着。
 今大会では攻守にわたってチームの快進撃に貢献してきました。
 そして、20日行われた準決勝。
 第1打席からチャンスが回ってきます。
 初回。
 1アウト2、3塁のチャンス。
 先制点となる犠牲フライを放ち4番の仕事をきっちりとこなします。
 投げてはエース・奥川と寺沢の完封リレーで決勝進出を決めました。

 決勝戦は22日。
 星稜が勝てば北陸勢としては初の夏の甲子園での優勝となります。

チューリップテレビ

最終更新:8/20(火) 19:43
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事