ここから本文です

いずれは当たり前の移動手段に?|京急電鉄がオンデマンド型シャトルの実証実験を開始

8/20(火) 15:13配信

MOTA

期間限定で京浜急行電鉄などがシャトルサービスを実験

京浜急行電鉄とNearMeおよびサムライインキュベートは、2019年8月21日~同年8月27日の期間限定でオンデマンド型のシャトルサービス「スマートシャトル(TM)」の実証実験を行う。

■ホテル⇔羽田空港をラクラク移動! スマートシャトルのイメージを画像で見る(4枚)

次世代の技術を活用

本サービスは、京急グループとスタートアップによる事業共創を目指す「KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM(京急アクセラレータープログラム)」第2期で採択企業となったNearMe(ニアミー)の開発する配車AIを活用し最大9人乗りの相乗りシャトルを、複数の利用者からのリクエストに基づいて最適なルートで運行する次世代型のモビリティサービスだ。
スマートシャトルの第一弾であるシティシャトルは、国内外の観光客やビジネスパーソンをターゲットに、京急イーエックスインホテルグループ4館から、都内4区(港区、千代田区、中央区、台東区)内の任意のスポットまたは羽田空港まで運行する。
車内ではタブレットで観光情報などのPRを行うほか、無料Wi-Fiの提供、東京電力エナジーパートナーの提供するモバイルバッテリー「充レン」を無料で提供し、目的地までの快適な移動だけでなく、移動時間の有効活用を促す。本サービスは多言語対応で、日本の交通手段に不慣れな訪日外国人旅行客の快適な移動にも貢献する。
3社は、本取り組みを通じて、多様化する移動のニーズや、運転士不足などの諸課題に対応できる、効率的で持続可能なサービスの創出に向けた検証を行い、京急沿線地域において各エリアの課題に応じた次世代モビリティサービスの創出を目指す。

実証実験概要

運行期間:2019年8月21日~同年8月27日
■運行時間:7:00~12:00
■利用対象者:京急イーエックスインホテルグループ(以下4館)に宿泊する国内外の観光客およびビジネスパーソン等
■運行形態:最大9人乗りの相乗りシャトル
■対応言語:日本語、英語
■乗車場所:京急EXホテル品川(東京都港区高輪3-13-3)、京急EXホテル高輪(東京都港区高輪4-10-8)、京急EXイン東銀座(東京都中央区築地2-15-15)、京急EXイン秋葉原(東京都台東区秋葉原2-1)
■降車場所:港区、中央区、千代田区、台東区内の任意スポット、羽田空港第1ターミナル、第2ターミナル、国際線ターミナル
■利用料:無料(アンケート回答への協力が条件となる)

シティシャトル 申し込み方法・利用フロー

1、専用WEBサイトへアクセス
2、配車リクエスト
3、アカウント登録(初回利用時のみ)
4、配車確定メールが届いたら予約完了

NearMeについて

リアルタイムの位置情報を活用して地域活性化に貢献するプラットフォーム作りを目指し、まずシェアリングエコノミーのMaaS(Mobility as a Service)領域からスタート。渋滞緩和、混雑の解消、高齢者のアシになることはもちろん、快適な移動を創造する「タクシーの相乗り」アプリを展開している。

MOTA編集部

最終更新:8/20(火) 15:13
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事