ここから本文です

バルセロナ、デンベレがさらなる筋肉系の負傷で5週間の戦線離脱…ここまでの出場率は55%

8/20(火) 8:24配信

GOAL

バルセロナは20日、FWウスマン・デンベレが負傷によって1カ月以上の離脱を強いられることを発表した。

【特集】各国欧州リーグ19-20シーズンがついに開幕!インタビュー、独自コンテンツを掲載

デンベレは16日のリーガ・エスパニョーラ第1節、敵地サン・マメスでのアスレティック・ビルバオ戦(0-1)で左足に痛みを覚えていた。そして検査の結果、大腿二頭筋の損傷によって約5週間の離脱を強いられることが明らかとなっている。

2017年に移籍金1億2000万ユーロでボルシア・ドルトムントからバルセロナに加わったデンベレだが、これが移籍後6回目の負傷となり、筋肉系の負傷は3回目。バルセロナでは120試合中66試合出場と出場率は55%にとどまっており、ガラスの選手としてのレッテルを貼られつつある。

最終更新:8/20(火) 8:24
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事