ここから本文です

イチゴやモモ使ったシロップを用意 フライングガーデン、秩父の天然氷でかき氷 9月中旬まで限定販売

8/20(火) 10:40配信

埼玉新聞

 埼玉などでレストランチェーンを展開するフライングガーデン(栃木県小山市)は、秩父地域の天然氷を用いたかき氷「天然素材の生シロップかき氷」の販売を始めた。国産の果物を使ったシロップのかき氷など4種が楽しめる。県内17店を含む全店で9月中旬までの期間限定。

凍らせたイチゴと練乳が調和「削りいちご」、観光客に好評 川越のイチゴ農園がかき氷店開設

 氷は武州製氷(熊谷市)が製造した天然水純氷「奥秩父源泉水氷」を使う。果物を使ったシロップには低温殺菌技術を採用し、香料や着色料、人工甘味料などは不使用。果物の果実本来の甘みや香りを味わえる。

 果物のシロップのかき氷には、栃木県特産イチゴの代表品種「とちおとめ」を使った「いちご&ミルク」、長野県産のナガノパープルの「ぶどう&ミルク」と同県産で流通量が少ないモモ「黄金桃(おうごんとう)」を使った「もも&ミルク」の3種を用意。京都府の宇治抹茶のほろ苦さが味わえる「抹茶&ミルク」もある。4品ともに421円(税込み)。

最終更新:8/20(火) 10:40
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事