ここから本文です

勝敗を分けた明石商・中森の乱調と打線の迷い

8/20(火) 19:42配信

高校野球ドットコム

 履正社の先発、岩崎 峻典(2年)と明石商の先発、中森 俊介(2年)の出来が勝敗を左右した。岩崎は140キロ台前半のストレート(この日の最速は145キロ)に横変化のスライダー、遅速2種類のカーブを主体にしながら、勝負どころで投じる130キロ前後のフォークボールのキレがよく、明石商の強力打線を1点に抑えた。

両チームの個人成績

 明石商の中森は、初戦の花咲徳栄戦がよくなく、準々決勝の八戸学院光星戦がよく、この履正社戦がよくなく、と調子が乱高下した。投球フォームがスリークォーターなので油断すると上体が横に振れ、体が早く開く。リリーフした八戸学院光星戦はその悪癖がなく、ストレートが自己最速の151キロを計測したが、この日は体の開きが早くボールが高めに抜けた。3回表には7番の野口海斗(3年)にあわや死球というボールを投げ(スリーバント失敗で三振)、8番野上 聖喜(3年)には頭部に死球を与えている。

 この出来の悪さを履正社打線は見逃さなかった。1回表、1番桃谷 惟吹(3年)がセンターの頭を越える三塁打を放ち、2番池田 凛(2年)のレフト前ヒットで先制、1死後、4番井上 広大(3年)がレフト前ヒットで続き、5番内倉 一冴(3年)、6番西川 黎(3年)の長短打で3点を加え、早くも4点を挙げた。

 履正社打線は高校レベルを超えた技術の高さが際立っている。桃谷は始動のアクションを抑え、ごく小さなステップだけで打ちにいく。2ストライク後にノーステップで打つ選手が最近多いが、桃谷の始動を抑えた打ち方は「ミート主体」という小技ではない。小さい動きでも力強いトップを作り、初戦の霞ヶ浦戦ではドラフト候補の鈴木 寛人からライト方向に先頭打者ホームランを放ち、9回にはレフトへ2本目のホームランを放っている。動きが小さいのでぎりぎりまでボールを長く見られる、というのが最大の長所で、桃谷以外でも池田、小深田、野上が同じ打ち方をしている。

 明石商は1回裏に先頭打者ホームランを放った来田凉斗(2年)が見事だった。桃谷同様、探るようなステップに特徴があり、待ち球以外でも自分のタイミングで打てるというのが最大の長所である。この一打はボールカウント2-2からの140キロのストレートを振り抜いたもので、力みがまったく感じられなかった。ただ、来田以外の攻撃陣に迷いがあった。見逃しが多過ぎたのである。

 2回は5番以下が三者三振に倒れたが、その三振がすべて見逃しだった。試合全体では32個の見逃しがあり、見逃し率は何と25パーセントにもなる。18パーセントくらいが平均的なので、25パーセントは明らかに多すぎる。対する履正社の見逃し率は平均的な17パーセント程度だった。

 ここまで47本のホームランが出ているが、ストライクを2つ見逃してホームランを打った選手は少ない。準々決勝で放った内山 壮真(星稜・2年)の2本目と、この日の来田のホームランが私の調べた中ではストライクを2つ見逃した末のホームランだった。あとの多くは見逃しが0とか1である。岩崎は確かによかったが、それ以上に明石商の打線に迷いが見られた。

 明後日の決勝を見据えれば、エースの清水を温存できたことが大きい。準々決勝まで防御率4.03と成績はよくないが、腕を振ってからワンテンポ遅れてボールが出てくるピッチャーなので星稜打線はタイミングを取るのに苦労しそうだ。

最終更新:8/20(火) 19:42
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/20(金) 5:45

あなたにおすすめの記事