ここから本文です

陸自電子戦部隊を熊本に配備へ 中国の離島侵攻に備え

8/20(火) 18:07配信

FNN.jpプライムオンライン

FNN.jpプライムオンライン

防衛省は、中国による離島への侵攻などに備えるため、電磁波を使う電子戦の専門部隊を熊本市に新設する方針を固めた。

電子戦の専門部隊の新設は、電磁波による情報収集能力を向上させて、敵のレーダーや通信を妨害し、日本の電磁波利用を防護することが目的。

防衛省は2020年度、熊本市の陸上自衛隊健軍駐屯地に、80人規模の部隊を新たに発足させる方針で、車載型の「ネットワーク電子戦システム」などの活用を検討している。

防衛省は、月末に取りまとめる2020年度の概算要求に、関連予算を計上することにしている。

FNN

最終更新:8/20(火) 18:07
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事