ここから本文です

ラッシュフォード、PK失敗のポグバを擁護「ミスするのは普通のこと」

8/20(火) 15:01配信

GOAL

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードは、ポール・ポグバのPK失敗について言及している。『スカイスポーツ』が伝えた。

マンチェスター・Uは19日、プレミアリーグ第2節でウォルヴァーハンプトンと対戦。試合の分け目は後半に入った68分。1-1で迎え、ユナイテッドがPKのチャンスを得る。キッカーは第1節でゴールを挙げているラッシュフォードではなく、ポグバ。しかし、キックはGKルイ・パトリシオにセーブされ、試合は1-1のドローに終わっている。

ラッシュフォードは「ポールは蹴りたがっていた。シンプルなことだ」と振り返っている。

「誰もがPKを失敗する可能性がある。彼はキャリアで数え切れないほどPKを蹴ってきた。ミスするのは普通のことだ」

「僕は先週決めていたので、今週は譲っただけだ。彼が決められなかったのは残念だけど、それもフットボールだよ」

また、PKキッカーであることに自信を示すラッシュフォードは「いつも同じだし、そうあるべき」と話し、今後もPKを蹴る意欲があることを語った。

最終更新:8/20(火) 15:01
GOAL

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事