ここから本文です

“読む劇薬”野崎まど『バビロン』TVアニメ化、キャスト&最新PV&ビジュアル解禁

8/20(火) 18:00配信

クランクイン!

 野崎まどの原作小説をテレビアニメ化する『バビロン』に声優の中村悠一、櫻井孝宏、小野賢章、M・A・Oらが出演することが分かった。併せて最新PV、キービジュアル、場面写真などが公開された。

【写真】アニメ『バビロン』キャラクタービジュアルほか


 本作は野崎まどの『バビロン』シリーズ(講談社タイガ刊)のアニメ化。原作小説は“読む劇薬”として知られ、現在までに3巻が発売されている。

 「その啓示は、静かにそっと訪れる―」。東京地検特捜部検事・正崎善は、製薬会社の不正事件を追ううちに、1枚の奇妙な書面を発見する。そこに残されていたのは、毛や皮膚のまじった異様な血痕と、紙一面を埋め尽くすアルファベットの『F』の文字。捜査線上に浮かんだ参考人のもとを訪ねる正崎だが、そこには信じがたい光景が広がっていた。時を同じくして、東京都西部には『新域』と呼ばれる新たな独立自治体が誕生しようとしていた。正崎が事件の謎を追い求めるうちに、次第に巨大な陰謀が見え始める。

 主人公の正崎善を中村、多摩東中央警察署の警部補・九字院偲を櫻井、東京地検特捜部の検察事務官・文緒厚彦を小野、同じく検察事務官・瀬黒陽麻をM・A・O、東京地検特捜部の特捜部部長・守永泰孝を堀内賢雄が担当する。

 解禁されたPVは、中村や小野がCVを担当する東京地検特捜部の検事が強制捜査に入るシーンから始まる。その後、毛や皮膚のまじった異様な血痕と、紙一面を埋め尽くすアルファベットの『F』の文字についてのやり取りや、次々とキャラクターが登場したあと、最後は小野演じる文緒が絶叫するシーンで締めくくられる。

 キービジュアルは、メインキャラクターたちが佇む世界を、引き裂き・破り・笑む謎の女が顔を見せている不可解なもの。場面写真には、特捜部の正崎、文緒、多摩東中央警察署の九字院といったキーとなるキャラクターの姿が収められている。

 アニメ『バビロン』は、10月よりTOKYO MX、BS11にて放送。

最終更新:8/20(火) 18:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事