ここから本文です

リル・ナズ・X、自身の全米No.1最長記録更新をストップしたビリー・アイリッシュを祝福

8/20(火) 12:25配信

Billboard JAPAN

 2019年8月24日付の米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で、通算9週2位をマークしていたビリー・アイリッシュの「bad guy」が遂に1位に輝いた。

 今回ビリーは、“Hot 100”史上最長となる19週にわたり首位をキープしていたリル・ナズ・Xの「オールド・タウン・ロード」を下したことにより、同チャートで自身初の首位を獲得した。

 これをうけて、リル・ナズ・Xは自身のTwitterで「おめでとう、ビリー・アイリッシュ!!君は(この記録に)値するよ!!」と彼女を祝福。さらに、インスタグラムには「この5か月間で今週初めて“オールド・タウン・ロード”が1位じゃなくなった。この旅は、僕に多くのことを教えてくれた!」と綴り、最新シングル「パニーニ」のミュージック・ビデオを近々公開することを約束した。

 リル・ナズ・Xからのメッセージに対してビリーは、「彼が、本当はちょっと怒ってるって知ってるけど……大笑。でもありがとう、B!愛してる」と彼女らしいユーモアで、インスタグラム・ストーリーに投稿している。

 2001年12月18日が誕生日のビリーは、2000年代に生まれたアーティストとして初めて“Hot 100”の首位に立った。この記録に今まで最も近かったのは、1999年4月9日生まれのリル・ナズ・Xだった。
  

最終更新:8/20(火) 12:25
Billboard JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事