ここから本文です

価格差3万円買うならどっち? スズキ小型車「スイフト」と「イグニス」の違いとは

8/20(火) 18:10配信

くるまのニュース

ボディサイズが近いスズキの2大コンパクトカー 違いは?

 日本を代表する軽自動車メーカーとして知られるスズキは、小型車の生産にも力を入れているメーカーでもあります。ラインナップも豊富で、手頃な価格で購入できるものからスポーツモデル、本格四駆といった個性派までさまざまです。

これはカッコいい! スイフト・イグニスのカスタム仕様を写真で見る(21枚)

 そんななか、ボディサイズの近いスズキのコンパクトカーとして「スイフト」と「イグニス」というモデルがありますが、両車の違いはなんでしょうか。

 現行型スイフトは2016年12月に発表され、翌2017年1月に発売されました。日本においては4代目モデルという位置づけとなります。

 スポーティさをが強調された外装や、高い走行性能などが特徴で、日本・欧州・インドなど世界158の国と地域で販売されている(2018年時点)、同社の主力コンパクトカーです。

 ボディサイズは全長3840mm×全幅1695mm×全高1500mm(2WD仕様)と、コンパクトで運転しやすい大きさとなっています。

 一方、イグニスは2016年1月に発表され、同年2月に発売されたコンパクトカーです。スズキは、イグニスを「コンパクトカーとSUVを融合させた、新ジャンルのコンパクトクロスオーバー」であると謳っています。

 じつは、初代スイフトは海外において「イグニス」という車種名で販売されていたことから、欧州市場では2代目となるものの、国内市場では現行型が「初代イグニス」という位置づけです。

 ボディサイズは全長3700mm×全幅1660mm×全高1595mmと、スイフトよりもさらに小柄な車体となっています。

 そんな2台ですが、全長、全幅ともにスイフトの方が大きいものの、じつはエントリーモデルの車両価格はイグニスの方が高い設定となっています。

 スイフトは135万円(消費税込、以下同様)からとなっているのに対し、イグニスは138万2400円からです。

 なぜ、スイフトはイグニスよりも安いエントリーモデルの価格設定がされているのでしょうか。

1/2ページ

最終更新:8/20(火) 19:52
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事