ここから本文です

ポルシェ「カイエン」シリーズ最強の680馬力を発揮するPHEVモデルを発表! 最高時速295キロを実現

8/20(火) 17:40配信

くるまのニュース

モーターのみで135km/hに達することも可能なPHEVモデル

 ポルシェは、SUVの「カイエン」と「カイエンクーペ」に、システム最高出力680馬力を発揮するプラグインハイブリッドモデルをラインナップすると発表しました。

カイエンシリーズの最強PHEVモデルを画像でチェック!(10枚)

 カイエンシリーズにおいてもっともパワフルなこのモデルは、いったいどんなクルマなのでしょうか。

 今回、ラインナップされた「カイエンターボSEハイブリッド」と「カイエンターボSEハイブリッドクーペ」は、最高出力550馬力の4リッターV型8気筒エンジンと、最高出力136馬力を発揮する電気モーターで構成されたプラグインハイブリッドシステムが搭載されています。

 組み合わされる変速機は、8速ティプトロニックSトランスミッションで、エンジンとモーターの間に電気モーターが配置されるレイアウトです。

 システム最高出力680馬力/システム最大トルク900Nmを発揮することで、静止状態から100km/hまでを3.8秒で加速し、最高速度は295km/hに達します。電気モーターのみで最高速度135km/hで走行することも可能です。

 また、モーターのみの駆動で最大40kmまで走行することができます。平均燃料消費量(NEDC)は、3.9Lから3.7L/100km(約25.6km/Lから27.0km/L)で、平均電力消費量は19.6kWhから18.7kWh/100kmです。

「カイエンターボSEハイブリッド」および「カイエンターボSEハイブリッドクーペ」の価格や日本市場への導入時期などは、明らかにされていません。

くるまのニュース編集部

最終更新:8/20(火) 18:08
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事