ここから本文です

撮影は「猫さま次第」 動物写真家・岩合光昭さんが語る猫写真の極意

8/20(火) 11:00配信

まいどなニュース

 「岩合光昭写真展 こねこ」(京都新聞など主催)が、京都市下京区の美術館「えき」KYOTOで開かれている。動物写真家・岩合光昭さんが国内外で撮った子猫の姿を約150点の作品で見せる。会場を訪れた岩合さんに、仕事に込めた思いなどを聞いた。

【写真】エジプトのエレファンティネ島の子猫

 ―出発点は。

 19歳のとき、動物写真家の父の助手としてガラパゴス諸島に同行しました。目の前で鳥が営巣し、海に潜るとアシカが肩をたたく。自然ってこうなんだと実感しました。それまで、ファッションなどの分野で写真家になろうかと考えていましたが、この仕事なら自分の考え方を表現できるのではと思いました。

■「ここだ」という場所に猫が連れて行ってくれた
 ―作品では猫を敬愛する姿勢が見えます。

 撮影では「猫さま次第」と言っていますが、撮りたい映像を決めてかからないことが大事。猫は地域や人々の暮らしの中に生きている。猫を通して、街や国が見えてきたらと思います。

 「ねこの京都」という写真集を作ったのですが、これも「京都の猫」ではなく、猫を通して見た「ねこの京都」。常寂光寺でご住職の黒猫を撮影していたら、緑のコケの上に真っ赤なモミジが降りつもった場所があり、そこにその黒猫が立ったのです。あまりに美しくて、つい「日本に生まれてよかった」という言葉が口をついて出た。それを僕に言わしめた京都はすごい場所だと思って。京都に世界中から人が来るのは、同じ感覚を誰もが持つからではないか。そのことを猫が教えてくれた。京都を取材してよかったと感じた瞬間でした。「ここだ」というまさにその場所に猫が連れて行ってくれた気がしました。

 ―会場にも、猫に向けて「自分がかわいいと知ってるでしょう」という解説文があります。

 猫は、ここに自分が立てば一番際立つという光などをわきまえている。特に雄猫は目立つところをよく知っています。階段を上がった一番いい光が当たるところにいたりね。雄の生き方、雌の生き方、子どもの生き方、全部違います。さまざまな物語を猫は秘めていて、それを一つ一つのシーンで感じることがある。人が一人一人違うように、動物も一頭一頭違う。それを作品で伝えられたらと思うのです。

■「世界ネコ歩き」は撮影期間10日
 ―番組「世界ネコ歩き」はどのように作っていますか?

 最初に各国のコーディネーターに猫のいる地域を見つけてもらい、ディレクターが一週間前に行ってその猫に会い、名前、年齢、性別、何を食べるか、恋人がいるか、散歩コースなどを聞きます。コーディネーターのリサーチが2~3カ月前、ディレクターが1週間前に現地入りして、実際の撮影期間は10日間です。

 ―ハプニングも多いのでは。

 予定していた猫が事故に遭い、急遽主役が交代したことがあります。逆に偶然の出会いもあります。たとえばベルギーで撮った、小さな庭の子猫とお母さん。その庭は名所旧跡でも何でもないのですが、ベルギーの空気感、土や壁の色がよく出ていた。猫の視点からその村、街、国が見えてくるような作り方を大切にしています。

 見る人の琴線に触れるものを作りたいのです。この猫かわいいでしょうと見せるのではなくて、作り手の僕たちも「えっ」と驚いたようなものが見せたい。番組を見た人が「猫っていいよね」と感じ、猫の味方になってくれれば、世の中の猫への見方が動いてくる、それを期待して作っているところがあります。

■世界的に「サザエさん」のような世界なくなりつつある
 ―猫に優しくない声もあるということですか。

 世界的に、日本でもそうですが、猫は家の中にいるべきだという方向性になっている。だからロケ地を探すのも難しいんです。それがいい悪いではなくて、野良猫が当たり前に存在した、漫画「サザエさん」のような世界はなくなりつつありますね。

 ―水面下の悩みも多いのでは。

 たとえば、自由に見える野良猫も、気候風土の厳しさなどでつらい思いをしていたりもする。そういう猫は目と目が合ったときに「わたしを連れて行って」という顔をする。子猫でもね。そんなときは本当に、抱えて連れていきたくなるんです。後ろ髪を引かれますし、カメラを捨てたくなる瞬間です。もう撮れない、とね。それをこらえて作っています。

 でも楽しいこともたくさんあって、「あのお城は館長が厳しいから撮影許可は無理です」というような場所でも「猫だけ撮らせていただけませんか」と頼み込んだら、「猫と散歩に行くところを撮らせてあげる」とその館長に言われたり。猫が人を結びつけるのです。「何を撮ってる」と現れた怖い顔の人が「お、猫か」と相好を崩したりね。優しい人と会うと猫の表情も変わります。意見や方向性を僕たちが言うのではなくて、番組や写真を見たみなさんご自身が何かを感じてくださればと思っています。

 展覧会は26日まで。一般800円、高大生600円、小中生400円。


(まいどなニュース/京都新聞)

まいどなニュース

最終更新:8/20(火) 11:00
まいどなニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事