ここから本文です

トルコ:クルド系主要市長3人を解任、国内400人超を拘束

8/20(火) 2:44配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): トルコは19日、クルド系住民が多数を占める国内南東部で主要都市の3市長を解任したほか、治安維持活動の強化によって400人超を拘束した。3市長は選挙で選出されていた。

トルコ内務省は非合法の反政府武装組織「クルド労働者党(PKK)」とつながりを持っていた疑いがあるとしてディヤルバクルとマルディン、ワンの3市長の職務を剥奪した。PKKはトルコだけでなく米国、欧州連合(EU)からテロ組織に分類されている。

エルドアン大統領はシリアとの国境に緩衝地帯を設けると表明しており、緩衝地帯でシリアのクルド人民兵組織「人民防衛部隊(YPG)」のトルコ入国を阻止する狙いがある。トルコ当局はYPGとPKKのつながりを指摘、PKKへの支持が伝統的に強いクルド人地域の市長3人を解任し武装組織への支援を断つ考えだ。

この市長3人が所属するクルド人系の国民民主主義党(HDP)は、PKKの関与を否定している。

原題:Turkey Fires Kurdish Mayors Ahead of Military Push Into Syria(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Selcan Hacaoglu, Taylan Bilgic

最終更新:8/20(火) 2:44
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事