ここから本文です

ユーベ開幕直前に…サッリ監督が“肺炎”と診断される

8/20(火) 8:19配信

ゲキサカ

 ユベントスは19日、マウリツィオ・サッリ監督(60)が肺炎と診断されたことを発表した。

 クラブ発表によると、サッリ監督は先週から体調不良が続いており、トレーニングの指揮を執っていなかった。そのため、検査を受けた結果、肺炎と診断され、現在は治療中だという。

 今夏サッリ監督が就任したユベントスは、24日にセリエA開幕戦を迎え、パルマとアウェーで対戦する。

最終更新:8/20(火) 8:19
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事