ここから本文です

C・ロナウドの和解金支払い、レイプ被害者とされる女性に口止め料を払った意図

8/20(火) 21:58配信

ゲキサカ

 ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドが性的暴行を受けたと主張した女性に和解金を支払った証拠が確認されたようだ。米芸能サイト『TMZ』はC・ロナウドが37万5000ドル(約4000万円)の和解金を支払ったことを証明できる法的文書を入手したと報じている。

 C・ロナウドは2009年にアメリカ・ラスベガスのホテルで出会ったアメリカ人女性に性的暴行を加えたとされ、キャサリン・マヨルガさんが被害を告発。マヨルガさんは警察にレイプを訴えたが、当初はロナウドの名前を出さず、「サッカー界のスター」とだけ説明したという。

 10年にC・ロナウドから性的暴行について口外しない契約で、37万5000万ドルを口止め料として受け取ったという。しかし、18年に多額の示談金受け取りを強要されたと和解無効を主張。ラスベガス警察も捜査を再開したが、証拠不十分として今年7月に不起訴処分になっていた。

『TMZ』の記事では「証拠の文書でロナウドは2010年に和解金を支払ったことを認めている」と伝えている。 しかし、ロナウド側は和解金を支払った意図について、「有罪を認めるものではなく、マスコミに公開しないために支払った費用」と主張している。

最終更新:8/20(火) 21:58
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事