ここから本文です

価格46万円超。2画面モンスターPC「ZenBook Pro Duo」は何がすごい?

8/21(水) 12:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

台湾のPCメーカー・ASUSは8月20日、最新型ノートPC「ZenBook Pro Duo UX581GV」シリーズの日本展開を発表。8月23日から発売予定。

【全画像をみる】価格46万円超。2画面モンスターPC「ZenBook Pro Duo」は何がすごい?

ZenBook Pro Duoは、5月に台湾で開催されたPCの見本市「COMPUTEX 2019」でお披露目された2画面ディスプレイ搭載ノートPCだ。高性能モデル(UX581GV-9980)は、インテル製のハイエンド向けCPU「Core i9-9980HK」や32GBメモリー、1TBのSSDを搭載し、直販価格は46万6500円(税別)。まさにモンスター級のPC。

2020年1月14日にはWindows 7のサポート終了がアナウンスされており、日本のPC市場は法人向けを中心に拡大傾向にある。また、トレンドとしてeスポーツなどのゲーミング用途、VRや3Dなどのより高性能なスペックの求められるコンテンツの制作ニーズも高まってきている。

ZenBook Pro Duoはまさに後者を狙ったクリエイターやプロフェッショナル向けのノートPCと言える。その他のPCメーカーの製品にはない特異なポイントを見てみよう。

本体の大きさは一般的な15インチサイズのノートPCより一回り大きい

各種端子は左右側面に配置。冷却に使うエアフロー確保のためか、種類は少なめ

特徴はなんといってもディスプレイ。上に15.6インチ4K解像度の有機EL、下に横長14インチ液晶を搭載する

ASUSはキーボード上の横長ディスプレイを「ScreenPad Plus」と呼んでおり、多彩な使い方ができる

例えば、よく使うショートカットアクションを常駐して使う

Spotifyアプリを表示させれば、いつでも作業用BGMをコントロールできる

ウィンドウを小さくすれば2つのアプリを並べることも

設定を変えれば、メインと合わせてさらに巨大な画面としても使える

ScreenPad Plusには普通のWindows向けアプリが表示できるので、ゲームだって表示できる

映像などを扱うクリエイターならショートカットや操作インターフェイスを表示させて、作業の効率化が図れる

当然、グラフィック性能も申し分ないレベルのものを採用している

生体認証にも対応。Windows Helloの顔認証を使えばパスワードなしでもログインできる

キーボードの縦の狭さには最初驚いたが、キー配列は日本語基準(JIS)のものだ

付属のパームレストを取り付ければ、かなり打ちやすくなる

個人的に気に入ったのはタッチパッドの部分。右上のボタンを押すと10キーに変身

メインもScreenPad Plusもデジタルペンに対応するため、グラフィック系の作業やメモ書きにも活用できる

(文、撮影・小林優多郎)

小林優多郎

最終更新:8/22(木) 8:10
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事