ここから本文です

舘ひろしは「不老不死」?山本五十六の生まれ変わり説浮上

8/21(水) 11:01配信

東スポWeb

 米国オカルト界では、現在の有名人と数十年~数百年前の過去の人物の写真や絵画から“そっくりさん”を探し出し「生まれ変わりだ」「不老不死だ」と騒ぐのがはやっている。ハリウッド俳優が中世の人物の生まれ変わりという説や、ロシアのプーチン大統領の不老不死説などがあるが、日本のオカルト界では、新たに俳優・舘ひろし(69)に関する都市伝説が生まれた。それはなんと、戦時中の連合艦隊司令官・山本五十六の生まれ変わり――というものだ。

 公開中の菅田将暉主演の映画「アルキメデスの大戦」で、山本五十六を演じるにあたり、舘は初の丸刈り頭で出演した。その姿が、日本のオカルト界で「若いころの山本の写真とうり二つ」と話題になっているという。

 オカルト研究家の山口敏太郎氏は「劇中の舘さんの熱演は高い評価を得ていますが、確かに山本五十六の若いころの写真にそっくり。同一人物といってもいいくらい。ひょっとしたら、舘さんは山本の生まれ変わり、あるいは山本が永遠の命を得て、現在は舘さんとして活躍しているのでしょうか。不老不死の都市伝説は人気のバロメーターなのかもしれません」と指摘する。

 世の中には、他にも「あの人は年を取らなくて永遠に生きている」という都市伝説がささやかれる人物がいる。

「例えば『ジョジョの奇妙な冒険』で知られる人気漫画家の荒木飛呂彦氏は、新選組の土方歳三とそっくり。都市伝説では、箱館戦争で戦死したとされる土方が実は生き延び、何らかの方法で永遠の命を得て、荒木氏となり漫画家としてデビューしたといわれています」(山口氏)

 漫画ファンの間では知られているが、荒木氏自身、若いころの写真と現在の写真を比較しても全く年をとっていないように見え、それも不老不死説が出ている要因となっているようだ。

 他にも、有名なのは1952年生まれのロシアのプーチン大統領も、1920年、41年に撮影された別人とされる若い兵士の写真とそっくりで「本当は何歳なのか」と不老不死伝説がある。

 さらに、米人気俳優のキアヌ・リーブス(1964年生まれ)にも不老不死説がある。1875年に撮影されたフランス人俳優ポール・モネ(1847年生まれ)の写真、1530年にイタリアの画家パルミジャニーノが描いた絵画のモデル、それぞれに酷似しているとして、都市伝説があった。

 この話をテレビ出演時に直撃されたキアヌは大笑いしたというが、真相はいかに…。

最終更新:8/21(水) 11:04
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事