ここから本文です

【タイ】マルカ、自動車部品販売の子会社を解散

8/21(水) 11:30配信

NNA

 機械専門商社のマルカ(大阪市)は20日、タイの連結子会社マルカ・エクスポート(タイランド)を解散および清算すると発表した。同社はタイで生産された自動車部品をマレーシア向けに輸出していたが、経済環境や事業環境の変化により収益を確保することが難しいため解散および清算を決定した。
 
 マルカ・エクスポート(タイランド)は、2014年8月に東部チョンブリ県に設立された。資本金6,000万バーツ(約2億700万円)で、マルカが100%出資している。マルカの担当者によると、主にマレーシアの日系自動車メーカー向けに自動車部品を輸出してきた。
 
 マルカ・エクスポート(タイランド)の営業損益は14年度の400万円、15年度の1,200万円の赤字から16年度に1,800万円の黒字に転換。17年度は4,900万円、18年度は4,500万円の黒字だったものの、連結営業利益に占める割合はそれぞれ2.6%、1.7%にとどまった。売上高は15年度が29億3,000万円、16年度が32億8,900万円、17年度が42億500万円。18年度は56億5,000万円で、連結売上高に占める割合は8.8%だった。
 
 解散および清算は、タイの法令に従い手続きが完了次第、結了する予定。マルカの担当者は、タイ人従業員は5人とした上で、「タイの他の連結子会社への異動といった再就職のサポートは特に予定していない」と述べた。
 
 バンコク東郊サムットプラカン県に拠点を置き、主にタイ国内向けに産業機械や工作機械を販売する連結子会社マルカ・マシナリー(タイランド)は、引き続き事業を継続し、受注拡大を図る。

最終更新:8/22(木) 7:42
NNA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事