ここから本文です

ミスターメロディ、セントウルS2週前追い切り速報/栗東トレセンニュース

8/21(水) 11:40配信

netkeiba.com

 高松宮記念を制し、G1ホースとなったミスターメロディ(栗東・藤原英昭厩舎)。8月7日にノーザンFしがらきから栗東へ帰厩しており、次走予定のセントウルS(9月8日・阪神芝1200m)に向けた調整が進められている。

 今朝21日はCWコースで朝一番に追い切り。岩田望来騎手が跨り、シャドウアロングを追いかける内容。とはいっても、スタートして相手は遥か前方といった感じで、道中は単走にも見えるような位置だった。

 4コーナー手前あたりで、ようやく前が見えるあたりまで差を詰めてきて、最後の直線では射程圏に入れるようなところまで押し上げていた。ただ、そこから無理に追いつくことはなく、2馬身ほどの差をあけたままでゴールとなった。

 併せ馬の表記としては、遅れになるだろう。休み明けということもあり、懸念材料と捉えることもできるだろうが、動き自体を見ていれば、最後まで余裕があり、全く気にならない遅れ。むしろ、このくらいでとどめておかないと、動きすぎになってしまう。

 時計は6F80.9~5F65.9~4F51.5~3F38.0~1F13.1秒。これまでCWで追い切られて、6Fから時計を出して、これだけ速い数字をマークしたことはない。1周半の追い切りでこれだけ最後まで余裕を持てたこと自体、春よりも成長した状態を示しているような気がする。

(取材・文:井内利彰)

最終更新:8/21(水) 11:40
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事