ここから本文です

郡山でイベント 「おくる福島民報」発行 21日「県民の日」

8/21(水) 9:46配信

福島民報

 県は「県民の日」の二十一日、県の復興シンボルキャラクター・キビタンのお誕生日会を郡山市日和田町のショッピングモールフェスタで開き、キビタン体操などを繰り広げる。

 福島民報社は「おくる福島民報」の郵送コーナーを会場内に設ける。来場者は県外で暮らす家族や友人に特別紙面を送ることができる。時間は午前十時から午後三時まで。

 福島市の福島中央郵便局でも同日、利用客が特別紙面を送ることができる「おくる福島民報」コーナーを設ける。

 ■「天のつぶ」や銘菓プレゼント 民報社が企画

 福島民報社は「おくる福島民報」の発行に合わせ、県オリジナル米「天のつぶ」や県内の銘菓が当たるプレゼント企画を実施する。

 賞品は「天のつぶ」のほか、郡山市の「かんのや」、福島市の「ダイオー」の各菓子詰め合わせ。「おくる福島民報」を実際に知人や家族らに送付する人が対象で、いずれも抽選で五組十人に当たる。

 希望者は宛名と差出人を記した「おくる福島民報」をデジタルカメラや携帯電話などで撮影する。自身の郵便番号、住所、名前、年齢、希望賞品を記載したメールに画像を添付し、福島民報社「おくる福島民報」プレゼント係に送る。当選した場合、紙面を送る人と送られた人に賞品が届く。

 メールアドレスはokuru@fukushima-minpo.co.jpで、締め切りは九月二十日。

 ■47CLUBで販売 本社販売局でも

 「おくる福島民報」は、全国の地方新聞社のお取り寄せサイト「47CLUB(よんななクラブ)」で販売する。サイト内から「おくる福島民報」で検索できる。

 本社販売局でも購入申し込みを受け付ける。申し込みはフリーダイヤル(0120)373437へ。平日の午前九時から午後五時まで。価格は一部百四十円で、別途送料がかかる。

 ■昨年初めて発行

 「おくる福島民報」は、県外などで暮らす県民に古里の様子を伝えようと、福島民報社が県と連携して昨年八月二十一日の「県民の日」に初めて発行した。

 特別紙面の趣旨や折り畳むなどの利用方法が高く評価され、世界最大規模の広告賞「カンヌライオンズ」をはじめ、国内で最も歴史と権威がある総合広告賞「広告電通賞」など国内外の広告賞計十件を受賞している。

 「おくる福島民報」の取り組み内容は動画で視聴できる。ユーチューブで「おくる福島民報」で検索できる。

最終更新:8/21(水) 10:50
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事