ここから本文です

相対速度時速100kmでの無人航空機の自律的な衝突回避に成功

8/21(水) 8:10配信

MONOist

 新エネルギー・産業技術総合開発機構は2019年7月25日、福島県、南相馬市、福島イノベーション・コースト構想推進機構の協力のもと、相対速度時速100kmでの中型無人航空機の自律的な衝突回避試験を実施したと発表した。SUBARU、日本無線、日本アビオニクス、三菱電機、自律制御システム研究所との共同試験となる。

 今回の衝突回避試験は、福島県南相馬市の広域飛行空域で、同月24~25日に実施。有人ヘリコプターが接近する際、無人航空機に搭載した衝突回避システムが設計通りに機能し、自律的に衝突を回避できるかを確認した。

 その結果、時速40kmで飛行する中型の無人航空機が、時速60km程度で正面から飛行してくる有人ヘリコプターを探知し、自律的に衝突を回避した。無人航空機は、各種センサーからの探知・識別データにより生成した、衝突を回避する経路に沿って飛行。有人ヘリコプターの回避後は、元の飛行経路に復帰した。

 これらの成果を踏まえ、2019年度下期には、離島を模した環境での自律的な衝突回避試験を予定している。今後、衝突回避システムを確立することで、災害対応や物流などの分野で、無人航空機の実用化を進める。

MONOist

最終更新:8/21(水) 8:10
MONOist

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事