ここから本文です

買い物支援バス試走、久能地区9月から 静岡・駿河区

8/21(水) 7:50配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡市駿河区の久能地区社会福祉推進協議会と社会福祉法人駿府葵会は20日、移動が困難な地元高齢者らを対象に9月から運行する「買い物支援バス」事業に向けた調印式と試験走行を、同区の特別養護老人ホーム「久能の里」の周辺で実施した。

 支援バス事業は久能の里のデイサービス用の車両を活用し、職員が運転手を務める。9月3日から毎週火曜の午前中に運行し、久能地区の数カ所のバス停を周回して利用者を乗せ、近隣の大谷地区のスーパーやドラッグストアまで往復送迎する。月100円で何度でも利用可能。愛称は久能小の児童らが「おたすけバス あおいくん いちごちゃん号」と名付けた。

 試験走行では停留場所や走行時間などを確認した。同協議会運営委員長の萩原清さん(76)は「高齢者の運転が今後さらに困難になることが予想される。ぜひこのバスを利用してほしい」と話した。

静岡新聞社

最終更新:8/21(水) 7:50
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事