ここから本文です

玉川徹氏、喜本奈津子容疑者が宮崎容疑者に夢中になったのは「ある種、逆転ホームランみたいなところがあったかも」

8/21(水) 9:12配信

スポーツ報知

 21日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)では、茨城県守谷市の常磐自動車道で今月10日、男性会社員(24)があおり運転を受け、車を停止させられた上、殴られた事件で、傷害容疑で茨城県警から指名手配された宮崎文夫容疑者(43)が18日に大阪市内の自宅マンション近くの駐車場で県警に身柄を確保され、逮捕された事件を特集した。

【写真】バールで運転手を脅迫「その時はふざけてた。今見るとそこまでする必要なかった」

 番組では、宮崎容疑者の交際相手でともに逮捕された喜本奈津子容疑者(51)が宮崎容疑者に夢中になった理由について喜本容疑者の知人から取材した。その中で喜本容疑者の男性のタイプは「高収入」「年下」「高身長」「イケメン」で30年来の知人によると「宮崎容疑者はピッタリ自分のタイプでのろけて熱を上げちゃっていた」と証言した。

 コメンテーターで同局の玉川徹氏は「喜本容疑者のご友人のインタビュー全部見たんですけど、何十人ってそれまでに会っているみたいですね。1、2回会って終わりだとか、せいぜい続いても1か月ぐらいなことをずっと繰り返してきたみたいです。ある種、逆転ホームランみたいなところがあったかもしれないです」と指摘していた。

最終更新:8/21(水) 14:07
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事